フランダースの犬の聖地 アントウェルペンでネロとパトラッシュを見たよ。 8月22日inベルギー

フランダースの犬の聖地 アントウェルペンでネロとパトラッシュを見たよ。 8月22日inベルギー

リアルタイムはモロッコのマラケシュにおります!

どうも。安井です。本日モロッコのカサブランカにて無事黄熱病の予防接種を打つことができました。なんと2300円ほど。めちゃ安い。施設もとても綺麗で注射は使い捨てを徹底している広告がたくさん貼ってありました。黄熱病をどこで打とうか悩んでいる人にはおすすめです。

いつも投票ありがとうございます。世界一周ブログランキングに登録しておりますのでぜひ下の画像をクリックいただけましたら幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

起床。

ブリュッセルからアントウェルペン。

ブリュージュからアントウェルペン。

度重なる移動を繰り返し、拠点であるアントウェルペンに戻ってきているため既にアントウェルペンにはかなりの愛着が湧いている。

この街をどの程度攻略できるかが本日の鍵を握っているのだが、連日の移動もあってか足取りは重い。

アントウェルペンはフランダースの犬の題材地にもなっている。

ネロがパトラッシュと一緒に最期を迎えた場所、聖母大聖堂。ネロがどうしても見たかった絵画、『キリスト昇華』と『キリスト降下』がある。

お楽しみは最後にとっておくとのことで。

まずは腹ごしらえだ。

ベルギー名物エビクリームコロッケを食べたいのだが。

寝起き早々コロッケを迎え入れることが出来るほど、安井の陣営は整っていない。

まずはウォーミングアップをするべく、パンとオレンジジュースを食した。写真撮るの忘れていたが。

胃もさぞかし安心しているだろう。

ここで少しふらっとした後にエビクリームコロッケを。

なんて考えは甘すぎる。

胃の怠惰極まりないだろう。間髪入れずにエビクリームコロッケに挑む。

メニューは至ってシンプルだ。コロッケとフリッツ。

なんとここのお店を開店した人はいミシュラン三つ星レストランのシェフだったらしい。そのシェフが全力で小エビのコロッケとフリッツだけを作っているのだからそりゃあ美味しいだろう。

世界最高峰とされる3つ星がこの小さな身体にぎっしりと詰まっているのだ。

こいつがエビクリームコロッケ。

1つ700円。やりすぎだろ、ミシュラン。

こいつが牛肉コロッケ。

それともう1つはフリッツ。流石はミシュランだ。ソースが他の店とは一味違う。価格もな。

僕らが頼んだのは。名前がオシャレすぎて忘れてしまったけど。ふつうに日常生活を送っていればまぁ出会うことはないだろうと思われる名前の商品だった。ラティオス的存在だ。

フレンチフライの上にカイワレ大根のようなものが乗っている。絶対カイワレ大根ではないが。

一口食べると美味しさの衝撃が脳内を駆け巡る。ただのコロッケとポテトではない。ミシュランだ。もう一度言う。ミシュランなのだ。

ある程度の金額を払っているので。他とは桁違いに美味しいと信じたい。自己暗示的要素も満点のアトラクションである。

ちなみにソースサーバーもめちゃくちゃおしゃれ。なんのソースかもわからない全国区レベルのソースたちが我一番としのぎを削っているのだ。

エビコロを食べ終えた僕らは適当に街をぶらぶらすることにした。

特にこれといってやることがないけれども。気持ち的に高揚感がある街、アントウェルペン。居心地は最高に良い。

しばらく歩いているとネロとパトラッシュのモニュメントが地面で寝ていた。若輩者が恐縮ではあるが僕も一緒に寝させてもらうことにした。

そのあとは一旦ミシュランではないえびコロを挟んでみる。果たしてどれくらい違うのだろう。

店の外観はこれだったが肝心のコロッケの写真を撮り忘れた。500円近くしたもののそこまで美味しいというわけではなかった。

そのあとはいよいよ聖母大聖堂へ。

ここにはルーデンスの名作『キリスト昇華』、『キリスト降下』が飾られている。

キリスト降下

フランダースの犬の作中にも登場する絵画。家に帰ったらフランダースの犬の復習をしたいと思う。

協会内の光を支えているステンドグラス。外から見ると薄汚れているように見えるのに。中から見ると宝石のような輝きを放つ。

僕はステンドグラスの光が大好きである。こんなに綺麗な光を発することができるのであれば、光だけを抽出して家のダイニングテーブルのライトの中に収縮したい。

想像してみるとあまり食事は美味しそうに見えない。やっぱり電球色が一番だよね。食事は。

どれだけ細かく一つ一つ作り上げているのだろう。どんな色でも。外の世界から教会内へ。優しさを伴ってガラスをくぐり抜けてくる光。やはり教会は神秘的だと思う。

そのあとは洋服屋が立ち並ぶ通りを少し歩いて帰宅した。

昼食で脂っこいものを食べすぎたせいで胃は食べ物を受け付けられないでいる。ごめんな。

夕食はサラダのみを摂り入れることで、大切な胃に束の間の休息を与えた。

明日はブリュッセルに移動。

高まる期待を胸に就寝。

お願い

安井です。世界一周ブログランキングに登録しています。下の画像のクリックが投票数になるので応援して頂けましたら幸甚に存じます。少しでもクリックしていただけましたら嬉しいです。いや、むしろ連打してください。最終的には、毎日の日課にしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ