今宵月はどこを照らすの〜おまかせカットの成れの果て〜 9月23日inナミビア

今宵月はどこを照らすの〜おまかせカットの成れの果て〜 9月23日inナミビア

リアルタイムは京王多摩センターにおります!

どうも。安井です。本日、吉野家にて隣の席の人が「ごはん」と「納豆」のみを注文しておりました。全然悪いことではないですし、むしろいいことなのですが。なんていうか。幼稚園児にオフサイドトラップを仕掛けられた気持ちになりました。

本日も愛のある投票よろしくお願いします!

お願い

安井です。世界一周ブログランキングに登録しています。下の画像のクリックが投票になるので応援して頂けましたら幸甚に存じます。少しでもクリックしていただけましたら嬉しいです。いや、むしろ連打してください。最終的には、毎日の日課にしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

起床。

前置として言っておくが今日は何もしていない。

ウィントフックの街をぶらぶらとしていただけである。

本当に何もしていないのだ。

世界一周といきり散らして日本を飛び出しさぞアクティブな生活を送ったのだろうと思われているだろうが案外暇をふるいかざしている日も多い。

読み進めていって、あれ?こいつ今日何もしてなくね?時間返せよ。と思われるのが嫌だったので。

最初にことわりを入れておこうと思った次第である。

そんなこと言ってないで早く書きはじめろよ、この時間が一番無駄だよって思われるのもいやなので。

そろそろ書き始めたいと思う。

でもそんなあなたに言っておきたい。

人生に無駄なことなんてないんやで。

起床とともに朝ごはんが出来上がっている。

あきこ姉さんが基本的にご飯を作ってくれるのでお言葉に甘えて僕は日々「食べる」という職務をまっとうしている。

そしてなんと。

今日は。

僕の荷物がウィントフックに届いていると言うことなので。

荷物を取りにいくことにした。

エチオピアンエアーラインに乗っていた僕はヒルトンホテルなど様々な場所に運ばれた後ここAirNamibiaに辿りついたらしい。

僕よりも旅してるね〜。

中にいたスタッフはとても親切で僕の荷物の帰還をまるで自分のことのように喜んでいた。なんなら僕より喜んでいた。流石に喜びすぎていた。少し注意しようかとすら思った。

そして荷物を手に入れた僕は。

無事帰還。

旅の相棒が僕のもとへ戻ってきた。

明日は長距離バスに乗って南アフリカに移動する予定だったのでまずはバス会社に行きバスを予約することに。

そのあとは本日の「さらばナミビア、お前のことは孫の孫の代まで語り継がれるだろうpart1〜あの日見た夕陽はほのかに甘い香りがした〜」パーティーに備えてスーパーで買い出しをすることに。

皆さんはナミビアのスーパーと聞いてどんな景色を思い浮かべるだろうか。

よくわからん人がやってる個人商店みたいなものを思い浮かべるだろうか。

残念ながらそれは間違いだ。大間違いだ。

ナミビアのスーパーはららぽーとをも遥かに凌ぐ。

俗に言うららぽ超えだ。

こちらがその外観。

規模が大きい。

目分量になるがダイエーの5.5倍はあるだろう。

これが内部。

エスカレーター。

はしごしかないと思っていた人は正直に手をあげて欲しい。

そして静かにその手をおろして欲しい。他の人にぶつからないように気をつけてね。

こちらがスーパーである。

おしゃれでしょう。

またしてもナミビア。天井が高い。

いつでも高みを目指すナミビアの情熱が建築物にも現れている。

そもそも通路のスペースが広い。

これは心の余裕をあらわしているのだろう。

僕もいつかはこのスーパーほどに度量の広い男になりたいものだ。

これぞいわゆるスーパーマンだ。ごめんね。

上から俯瞰していたスーパーに降り立ってみる。

ソーセージが吊るされてるのが見えるだろうか。

良いスーパーの印である。

ちなみにアルコールの冷蔵庫の中に入れるんだよ。

お昼ご飯はナミビアのファーストフード店、ハングリーライオンで。

チキンが挟んであるハンバーガー。

とてもおいしい。

マクディーやケンタッキーをも凌駕するそのクオリティ。

ライオンもご満悦である。

スーパーで食材を買い揃えた僕らは本日の宿に移動した。

宿にいどうするやいなや我が相棒の解体に入る。

蚕のようだ。

まゆにうずくまっている。

93回ほど混ぜた納豆にも見えるし。

目を細めて見ればダイヤモンドにすら見える。

お前も無事だったのか。

なんでお前も無事だったんだ。

正直僕は思ってしまった。

この度一番のお荷物。

少しこちらを嘲笑っているようにも見えた。

ヴェネツィアのマスク、モロッコの服、マサイから譲り受けた布。

とりあえず最近手に入れたアイテムを全て装着してみる。

少し手を広げて。

足をクロスしてみる。

特に何も起きなかった。

前回はドイツでおまかせカットをしたのが最後の散髪だっただろうか。

髪の毛がだいぶ伸びていて気になってしまった僕。

ちょうどバリカンもかえってきたことなので。

今回もお任せカットをしてもらうことにした。in ナミビア。

今回はみんなに切ってもらうことに。

完全なる初心者だ。

思えばここでお願いしたのが間違いだった。

厳正なる会議の結果、後ろを短くしていくことに。

厳正なる会議には既にアルコールを飲んでいる人も混じっていた。

厳正なる会議にアルコールを飲んでいる人がいてはいけないのだ。

どんだけ馬鹿げた国会が開かれたとしてもアルコールを飲みながら会議に参加している人はいないのだ。

そうしてやってしまった。

あきらかに深く。

バイカル湖よりも深く。

色が変わるほど深く。

刈り取られた毛束が僕の背中を滑り落ちる。

これじゃあ上弦の月だよ。三日月にしよ!

上弦の月。

いつぶりに聞いただろう。

あまりにも聴き慣れない単語。

耳との摩擦が凄すぎてアラビア語か何かかと思った。

日の入り時の上弦の月なのか。

そしてそこからもカットは進む。

みんなはセーラームーンを歌いながら軽快にバリカンをいれていく。

「ごめんね、すなおじゃなくって〜♪」

いや、すなお過ぎるわ。

普通人の頭に月いれないわ。

「もう一回だけ!もう一回だけ!」

もう一回の後戻りが聞かないのが「髪」である。

安井の顔は必死だ。

そしてついに。

三日月完成。

もう一度だけ。

これを添えて。

本日はお開きとしようか。

P.S. 音ありの物がインスタのハイライトで見れるので是非。

https://www.instagram.com/shuntaro_yasui/?hl=ja

お願い

安井です。世界一周ブログランキングに登録しています。下の画像のクリックが投票になるので応援して頂けましたら幸甚に存じます。少しでもクリックしていただけましたら嬉しいです。いや、むしろ連打してください。最終的には、毎日の日課にしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ